プレゼン資料をつくるとき、とりあえずソフトを立ち上げて、すぐできるスライドからつくっていくという方も多いのではないでしょうか。闇雲につくっていくと、のちのち修正する必要が出てきて効率が悪いだけでなく、スライド全体の質も下がってしまいます。資料づくりの準備の工程のポイントをさらいます。