仕事とプライベートのどちらを重視するか。仕事にやりがいを感じながら、プライベートも充実させる生き方はできないか――。こうした悩みに対して、味の素社長、藤江太郎氏の生き方は、一つのお手本になるだろう。「料理すること」と「食べること」が大好きで、小学生の頃からマイ鍋やマイ包丁を買って料理に親しみ、好きなテレビ番組はNHKの「きょうの料理」。社長を務める今も、料理教室に通っているという筋金入りだ。そして、もう一つの趣味は、「秘湯巡り」。年3回、長期休暇をとって北海道の秘湯を独りで巡る旅を続ける。「経営者である以前に、人間として豊かな方」と経営学者の楠木建氏が称賛する藤江氏の言葉から、「私たちはどう生きるべきか」という問いのヒントが見つかる――。

無料公開版