課題を整理し、独創的な発想を生み出す

「インプットメモ&アウトプットメモ」使い分け術

なぜ仕事ができる人ほど、メモの使い方がうまいのか? 一流のビジネスパーソンほど書くことにこだわり、日常的にメモを取りながら、商品企画やマーケティング、顧客への提案など、質の高いアウトプットにつなげています。彼ら一流が実践しているのは、「インプットメモ」と「アウトプットメモ」という2つのメモ術。

講師の下地寛也さんは、コクヨという日本一ノートを売る会社で、長年メモの使い方について調査、研究してきた人。コクヨはノートの取り方やメモの仕方にこだわる人が沢山います。さらに、下地さんはクリエーターやコンサルタントなど、社内外の数多くの一流ビジネスパーソンに接して、彼らのメモのテクニックを取材してきました。本連載は、下地さんが長年の調査、研究の結果をまとめた一流の人が実践しているメモの技術をまとめた講義です。

Part1
「メモの使い分け方」編
Part2
「インプットメモ」編
Part3
「アウトプットメモ」編